2017/5/11-ユース五輪など…



2018年にアルゼンチンで開催されるユース五輪で、空手とクライミングと共にブレイクダンスが新種目に選ばれました。

スポーツ的な要素があるとはいえ、オリンピックでダンスって、どんな感じになるのか?
「競技化されすぎて面白くなくなるんじゃないか?」
「技の難易度が重視されてしまい、本来のダンスって部分が薄くなってしまうのでは?」
と心配する方も居れば
「ダンスへの認知度が上がって良いんじゃないか」
「例え競技化されたとしても、それが全てではない。若い子たちの目標として、そういう選択肢も有っていいんじゃない?」
と歓迎する声も、けっこう有ります。

僕が心配だったのは「よく分からない人達で話が進んでったら怖いな〜」って部分だったのですが、この記者会見のメンツを見れば安心できますね(^^)

初めての試みで、やってみないと分からない事もあるでしょうし、終わってから修正が必要になる事も出てくるかもしれませんが、この方々なら正しい方向へと舵を切ってくれそうですね(^^)

ユースオリンピック競技にブレイキン(ブレイクダンス)が正式採用。そのルールや選出方法とは

CM


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です