2017/1/28-リメイク版など…



ロシア版「12人の怒れる男たち」観了。
全体の流れはオリジナルと同じで、12人の陪審員が話し合いの中で、それぞれの意見が有罪派から無罪派へと変わっていくってストーリーです。
アメリカの映画をロシアでリメイクされるのって不思議な感じがしますが、チェチェン紛争を絡めロシアの抱える社会問題を提起しています。

ロシア映画ってことで、知らない俳優さんばかりですが、それぞれ味があって良いですね。
オリジナル版は観たことないので、今度観てみようと思います(^^)

CM



Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です