2019/11/28-迷走の末など…



彦根市役所は、彦根駅から彦根城へ向かうメイン通りにあり、観光客が前を行き交っています。
そんな目立つ場所で、現在は廃墟の様な姿を晒しております。
一昨年の夏頃から耐震化の改修工事が始まり、2年以上が経過しているのに、まだ終わってません。
予定では、今年の春には終わるはずだったんですが、完全にストップしてます。

耐震工事が始まり進めて行く中、やるべき工事が盛り込まれて居ない事が発覚します。
そもそも、この工事は入札で決まらなかったので随意契約になりました。
この場合、入札時の内容を変えずに契約しないと法律で定められていますので、価格を抑えるために内容を変更すると法律違反になります。
「裏合意があったのでは?」と、もちろん工事はストップ。
百条委員会まで開かれますが、責任の所在はハッキリせず…
続きの工事を進めるべく入札を募集しますが、市の予定価格が安すぎるのか?ケチのついた工事はやりたくないのか?ことごとく不調に終わります。
そして、4回目の入札で決まったのは…
最初の工事を請負い、裏合意を疑われた業者。
一連の騒動は何だったのか?って感じです(笑)
工事がストップして約1年。
その間に消費税は上がりましたし、仮庁舎の家賃もかかります。
時間もお金も無駄にして…
彦根市、マジでヤバイんじゃ…
ここまでドタバタすると、すんなり工事が終わるかどうかも心配です(^^;
CM

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です