2020/7/25-関ヶ原など…



映画「関ヶ原」観了!
タイトル通り、天下分け目の戦いを描いた作品ですが、勝った東軍ではなく、負けた西軍の石田三成を主人公に据えてます。
「勝てば官軍、負ければ賊軍」の言葉がありますが、どうしても勝った方目線で語られる事が多いです。
実際、絶対的な正義や絶対的な悪ってのは無くて、それぞれの思惑や事情があって、良い所も有れば悪い所もあるって感じでしょうね。

真面目すぎるほど真面目な三成を岡田准一が、現実的で狡猾な家康を役所広司が、どちらも見事に演じています。
頼りになる島左近の平岳大、頼りない小早川秀秋の東出昌大もハマってますね〜
彦根城でも撮影されたんですが、門を潜るシーンとか、櫓の所とか、ちょっとしたシーンでも「お!彦根城や!」って分かるもんですね(^^)

CM

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です